Menu メニュー
  • HOMEへ
  • 施工事例
  • お客様の声
  • 初めてのリフォーム
  • 会社概要
  • お問い合わせ・資料請求
close 閉じる
岡崎市のリフォーム | キッチン・トイレ・風呂 | ライフ・リ・アシスト
株式会社ライフ・リ・アシスト homeへ

地震への備え|愛知県岡崎市のライフ・リ・アシスト

新着情報

フェイスブック

ブログ

0120-66-3248

ライフリアシストダイアリー|家族みんなが笑顔になるリフォーム屋のブログ

ライフリアシストダイアリー|家族みんなが笑顔になるリフォーム屋のブログ

地震への備え

こんにちは。

今日は大切な住まいの、地震への備えについてお話したいと思います。

 

いつ起きるかわからない南海トラフ地震。

この地域では、1854年の安政東海地震の発生から現在まで160年以上にわたり大規模地震が発生しておらず、さらに、駿河湾地域では御前崎の沈降や湾をはさんだ距離の縮みなど地殻のひずみの蓄積が認められていることから、「東海地震はいつ発生してもおかしくない」と考えられてきました。

 

南海トラフ地震は、概ね100~150年間隔で繰り返し発生しており、前回の南海トラフ地震(昭和東南海地震(1944年)、昭和南海地震(1946年))の発生から70年以上が経過した現在では、東海地震に限らず、南海トラフ全域で大規模地震発生の切迫性が高まっています。

 

↓気象庁websiteよりkaikou

 

地震に対する備えとしては、いろいろ考えられるかと思いますが、住まいについてはどうでしょうか。

今一度、お住まいのご自宅について考えるべき時期に来ているかと思います。

 

国の定める耐震基準はご存知でしょうか。

1981年6月より前の基準が旧耐震基準、それ以降の建物は新耐震基準で建てられています。

新耐震基準は大地震でも建物を倒壊させないことが前提になっています。

1950年に耐震基準を定めた建築基準法は、人命の保護や財産の保全を目的としており、日本の建物はすべて基準を守らなければなりません。

耐震基準は大地震のたびに見直され、1981年6月に改正された新耐震基準で極めてまれに起こる大地震でも倒壊しないことが前提になりました。

 

実際に阪神大震災では、新耐震基準で建てられた建物で倒壊したケースはなかったそうです。

ただし、壁がひび割れたり、配管が壊れたりする可能性はあります。

旧耐震基準のお宅は、耐震診断と耐震補強をおこなうことをおすすめします。

 

ご存知の方も多くいらっしゃるかと思いますが、弊社がある岡崎市では、木造住宅無料耐震診断事業をおこなっています。

対象建物は、1981年5月31日以前に着工された木造在来軸組構法・伝統構法の戸建・長屋・共同住宅となっています。

岡崎市木造住宅無料耐震診断事業

 

また、岡崎市木造住宅耐震改修費補助事業として、診断後の耐震改修の助成も用意されています。

(設計)補助率:2/3   補助金限度額 10万円
(改修)補助率:18/25 補助金限度額 90万円

改修の内容にもよるかと思いますが、利用されるのも一つかと思います。

(※令和元年度の補助金申請は受付終了しました。次年度の受付開始は令和2年度4月1日です。)

 

わからないこと、聞いてみたいことがあれば、市役所にお問い合わせいただくか、弊社までご連絡いただければお力になれるかと思います。

地震への備えで、安心して生活できるようになることを願っています。

 

本多

12

最新の記事

玄関リフォーム
April 6,2020
お風呂の改装工事
April 2,2020
過去の事例
March 31,2020

カレンダー

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

過去のアメーバブログ

ライフ・リ・アシスト
0120-66-3248
お問い合わせ・資料請求

株式会社 ライフ・リ・アシスト

〒444-3506 岡崎市本宿西一丁目1番地1(株)本多設備内
TEL 0564-66-3248(受付時間:10:00~18:00/日曜定休)
株式会社ライフ・リ・アシストは「岡崎市 リフォーム」 「キッチン リフォーム 岡崎市」「トイレ リフォーム 岡崎市」 「風呂 リフォーム 岡崎市」で検索!
施工エリア:
岡崎市・豊川市・豊橋市・蒲郡市・高浜市・碧南市・西尾市・豊田市・安城市・刈谷市・幸田町

Copyright 2015 ライフ・リ・アシスト Rights Reserved.